「神の手」を支える内視鏡先端技術

 

内視鏡を使った大腸検査において、「神の手」を持つと言われる当クリニック特別顧問の工藤進英先生。その工藤先生の技術を支えるのが、内視鏡で世界シェア1位を誇るオリンパス社の内視鏡機器です。

工藤先生は、これまでの豊富な経験から得られた知見やノウハウを盛り込み、内視鏡機器をオリンパス社と研究開発してきました。オリンパス社の内視鏡機器は世界的な評価を得ており、当クリニックでも患者さまの内視鏡検査に使用しております。

IMG_9060

内視鏡機器のご紹介

当クリニックで使用する内視鏡システムは、これまでのシステムに比べ,より鮮明に明るく見え、がんなどの微細病変部を詳しく観察ができます。

がんやポリープ等の腫瘍は、表面の微細な血管パターンが独特に変化するため、色素をかけた後、100倍の拡大が可能な本内視鏡と、狭帯域光(NBI:赤と緑の特定の波長の光)を併用することにより、表面の微細な血管構造(ピットパターン)を観察し、安全で精度の高い診断と迅速な治療が可能になります。