工藤進英

工藤進英

(SHINEI KUDO)

「患者さんの痛みは、自分の痛み」

大腸内視鏡検査の症例を35万例以上こなし、平均わずか5分で内視鏡検査を終えてしまうことから、「内視鏡ゴッドハンド」として、世界的な名声を得る大腸がん治療の名医。「幻のがん」と呼ばれていた陥凹(かんおう)型大腸がんを世界で初めて発見した。「つらく苦しい」イメージをもつ内視鏡検査を、工藤医師が考案した「軸保持短縮法」により、患者さんにとって「痛みのない優しい」検査を提供する。

  • 昭和48年 新潟大学 医学部卒
  • 昭和48年 新潟大学 外科
  • 昭和60年 秋田赤十字病院 外科部長
  • 平成4年 秋田赤十字病院 胃腸センター長
  • 平成12年 昭和大学医学部 教授
    横浜市北部病院消化器センター長
  • 平成13年 昭和大学横浜市北部病院 副院長
  • 平成19年 上海復旦大学附属華東医院 終身名誉教授

※ 米国消化器内視鏡学会 国際会員
※ 米国消化器病学会 国際会員
※ 第78回 日本消化器内視鏡学会総会 会長
※ 日本消化器内視鏡学会 理事

工藤進英医師の活動と実績はこちら

及川裕将

(HIROMASA OIKAWA)

白金台内視鏡クリニック 院長

  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 東京都難病指定医

工藤孝毅

(KOUKI KUDO)

  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 東京都難病指定医

※ 工藤孝毅医師は毎週火曜日の診療となります。
詳細はこちらよりお問合せください。